会社ニュース

山西電監弁の張建平専門員は瑞光熱電所へ調査


発表時間:2013-07-09   クリック回数:886

     7月7日午後、山西電監弁の張建平専門員、宋晋冀副専門員、安全監管処史健処長ご一行はわが社瑞光熱電所へ調査に来た。わが社の郭明董事長、郭钛星の総経理、白祚祥常務副書記、曹陽董事、張文元副総経理、李秉潤副総経理など高層管理署は調査に同行した。
     郭明董事長は張建平専門員ご一行にわが社の体制、近頃の煤電企業協力進展状況および資源利用状況などを紹介した。
     張建平専門員は瑞光熱電所の生産現場に入り、安全生産とユニット運転状況を調べた。彼は、山西国際能源集団、格盟国際傘下発電所の管理が良く、管理の理念、管理パターン、設備の管理とライブウェアの面で一流のレベルがある。以前はこんな素晴らしい発電所を見たことがなく、見聞が広まり、同時に格盟の企業精神と創造精神に感動させた。格盟は煤電共同経営のチャンスと優位を捉え、低品位炭の産業政策を利用し、経営一体化、管理専門化、ヒューマンリソースの備蓄仕事をしっかりと行い、新しい情勢の異なる需要を満足させ、格盟のブランド優位を十分に発揮すると発言した。最後、張建平専門員は山西国際能源(格盟国際)これからの安全安定生産、良好な経済効果、優秀な経済技術指標を祈り、素晴らしい成績で地方経済に貢献すると希望した。
     郭明董事長は電監弁、張建平専門員よりわが社に対する大きな力の支持と支援を感謝の意を表し、安全生産標準、措置と実施方法を編成し、安全管理活動を引き続き強化し、山西電力業界の前列を歩く自信と決心があると発言した。
     瑞光熱電所の関連責任者は座談に参加した。
 

COPYRIGHT © 2013 SHANXI INTERNATIONAL ENERGY GROUP ALL RIGHT RESERVED。  晋ICP备09000095号 | お問い合わせ | 版権について